「華麗なる遺産」7話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「華麗なる遺産」7話 あらすじ

【登場人物】
主演:ハンヒョジュ(コウンソン役)、イスンギ(ソヌファン役:チンソン食品創業者の孫)、ムンチェウォン(ユスンミ:ウンソンの異母姉妹)、ペスビン(パクジュンセ:フュージョンレストラン経営)、ヨンジュンソク(コウヌ:ウンソンの弟)、パンヒョジョン(チャンスクチャ:ファンの祖母:チンソン食品創業者)、ハンイェウォン(ソヌジョン:ファンの妹)、ミンヨンウォン(イヘリ:ウンソンの友人)

ファンの祖母の家で。
帰って来たウンソンに、お前、俺の家から出て行けない理由があると言っただろ。何だ。祖母からいくら貰ったんだ。いくら貰って俺の家で住むことにしたのかと聞くファンに、気になるなら、お婆さんに直接聞けばと言うウンソン。お前の父の写真を見てかわいそうだと思いそっとしておいたのに・・・と言い放つファンに、私がかわいそうだって、私が何でかわいそうだというの。貴方は何・・・私をかわいそうだなんて思わないで、そっちの方がかわいそうじゃないと言い放ち去って行くウンソンであった。

ファンの祖母の家で。
ファンに本店へ、ファンの母は工場へ、ファンの妹は売店に行けと命じるファンの祖母。
一方、本店には行かないと家を飛び出すファン。

家に戻って来たファン。
本店に出勤する時にファンを連れて行けとウンソンに命じるチンソン食品社長(ファンの祖母)。
バス1本で行けるというウンソンを振り切り、タクシーを呼んで出勤するファン。
タクシー代が足りないと、ウンソンから5,000ウォンを借り、お釣はいいとタクシー運転手に言うファン。
驚いてタクシーの中をのぞくウンソン。タクシー代は11,700ウォンで・・・何でお釣を貰わないの。バスで20分もかからないのに、何でタクシー代1万ウォンも払うの。(私の貸しは)酒代と携帯代も残っているわ。それはいつくれるの。家に帰るバス代はあるの。バス代はあげないからと言うウンソンだが・・・。
お前知っているんだな。それで、そんなに強気なのか。祖母がお前に遺産をやると言ったから強気でいるみたいだが・・・と言うファンに、お婆さんが私に遺産をくれるって・・・と驚くウンソンであった。

次話へ。

スポンサーリンク