韓国ドラマ「華麗なる遺産」14話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「華麗なる遺産」14話 あらすじ

【登場人物】
主演:ハンヒョジュ(コウンソン役)、イスンギ(ソヌファン役:チンソン食品創業者の孫)、ムンチェウォン(ユスンミ:ウンソンの異母姉妹)、ペスビン(パクジュンセ:フュージョンレストラン経営)、ヨンジュンソク(コウヌ:ウンソンの弟)、パンヒョジョン(チャンスクチャ:ファンの祖母:チンソン食品創業者)、ハンイェウォン(ソヌジョン:ファンの妹)、ミンヨンウォン(イヘリ:ウンソンの友人)

2号店からの帰りの道で。
ところで、2号店に何で来たの。2号店の売り上げ20%増加させれば、お婆さんの遺産は私が受け取ることになるのよと言うウンソンに、それはその時に祖母が決めることだと言うファン。じゃ、善の競争をしようということなのと言うウンソンだが・・・俺の事は俺がやるからと去って行くファン。何を言っているんだか分からないと呟いて歩くウンソン。

早朝ランニングをするファン。
ランニングの途中で、いらっしゃいませと練習するファン。
部屋の鏡で、笑顔でいらしゃいませと練習するファン。

2号店で。
入って来た客に、笑顔でいらっしゃいませと言い、笑顔で注文を取り、笑顔でサービングするファンの姿に驚くウンソン、店長達。

2号店の屋上で。
主任と言って見てと言うウンソンに、主任と言うファン。
公私の区別をしましょう。遺産を奪う者だということを忘れて。私を見たくないのは分かるけど、仕事の時にお互いにやりづらいでしょと言うウンソンに、お前のことを考えてそうしているんだ。俺の為に弟を失ったんだろ。俺のことを見たくもないし、俺と話したくないと言ったのはお前だと言うファン。
私に話しかけず、知らん振りしていたのはそうだからと言うの。お婆さんの遺産のためじゃなくて・・・と聞くウンソンに、祖母の遺産は俺が取り戻すと言うファン。

ファンの部屋をノックするウンソン。
バス代だけ残して全部くれたみたいだけど、今月は20万ウォンだけ返して貰うわとお金を返すウンソン。
お前にとって俺は恩讐だろ。父の最期の顔も見させなかったし、弟も失わせたし・・・と言うファンに、そうね。嫌いぐらいに思っていたけど、考えて見れば恩讐ねと言い、去って行くウンソン。

スンミのバッグに入っていた家族写真を偶然見てしまうファン。
そこには、ウンソンの姿も・・・。

次話へ。

スポンサーリンク