「華麗なる遺産」16話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「華麗なる遺産」16話 あらすじ

【登場人物】
主演:ハンヒョジュ(コウンソン役)、イスンギ(ソヌファン役:チンソン食品創業者の孫)、ムンチェウォン(ユスンミ:ウンソンの異母姉妹)、ペスビン(パクジュンセ:フュージョンレストラン経営)、ヨンジュンソク(コウヌ:ウンソンの弟)、パンヒョジョン(チャンスクチャ:ファンの祖母:チンソン食品創業者)、ハンイェウォン(ソヌジョン:ファンの妹)、ミンヨンウォン(イヘリ:ウンソンの友人)

庭園で。
俺はもうお前の兄貴じゃなくて、男になりたいとウンソンに言うジュンセに、そうしたいけど、今は出来ないの。私を信じてくれて、必要だというお婆さんだから・・・もう、決めて始めたから、お兄さんも言ったじゃない。嘆くのは決める前にやることだって・・・ごめんなさい。受けてばかりいながら、お兄さんの思いを知らない振りして来たの。しかし、ウヌを探し出すまではどうしようもないの。ウヌがどうしているかも分からないのに、人生を楽しみ、未来に夢を見れますか。私がウヌを失くしたのに・・・ごめんなさいと謝るウンソン。
そう言うと思っていった。自分自身に、お前に正直でいたかった。その代わり、お前の横の席は俺の物だ。ウヌを見つけるまでお前の横の席は俺の物だと言うジュンセに、長く待つかもしれないわと答えるウンソンであったが。

ジョンが好きなジュンセがウンソンを好きだということが知れ渡り、ファンの祖母もウンソンに冷たくなって・・・。

店の広告を貼りながら・・・。
ジュンセと付き合っているんだろと聞くファンに、ジュンセお兄さんとは付き合っていないわ。まだ・・・と答えるウンソン。まだ・・・と聞き返すファンに、まだ、付き合う間柄じゃないと答えるウンソン。付き合ってもいないのに何で家にまで入るんだと言うファンに、21世紀に男性の家に女性が遊びに行くのが凄いことなのと言うウンソン。お前みたいな娘をキャンディって言うんだろ。父が亡くなっても、弟を失っても、絶対泣かないで、笑っていろんなことをして・・・と言うファンに、言いたいことはそれだけ。ひどい。私みたいに父母がいなくて、弟を失った人は笑っちゃいけないの。私みたいに父母がいなくて、持つ物もない娘が泣き続けたらどうなるの。行きましょう・・・と去って行くウンソンであった。

友達ヘリの家で。
お婆さんの孫ソヌファンは、何か自分を隠そうとして、悪ぶっているみたいだわ。ちょっと変なのは、しょっちゅう喧嘩するんだけど、憎くはないの。最近はコイツなのかという事もするの。ちょっと気に入ったのかなとヘリに言うウンソンであった。

仕事の帰りに・・・。
善の競争をしよう。祖母がお前に遺産をあげると言って恨むのは俺が卑怯なんだ。祖母がお前の為に俺に遺産をあげないと言った訳じゃないから、お前を恨む理由はない。祖母の心は必ず取り戻すから。お前も弟の為に俺が嫌いだと思うけど、俺も弟を失わせる為に、わざと、携帯を壊したんじゃないから、仕事の時は忘れろ。仕事の時はプロとしてやろうと言うファンに、理解は出来るけど・・・と答えるウンソン。

次話へ

スポンサーリンク