韓国ドラマ「華麗なる遺産」15話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「華麗なる遺産」15話 あらすじ

【登場人物】
主演:ハンヒョジュ(コウンソン役)、イスンギ(ソヌファン役:チンソン食品創業者の孫)、ムンチェウォン(ユスンミ:ウンソンの異母姉妹)、ペスビン(パクジュンセ:フュージョンレストラン経営)、ヨンジュンソク(コウヌ:ウンソンの弟)、パンヒョジョン(チャンスクチャ:ファンの祖母:チンソン食品創業者)、ハンイェウォン(ソヌジョン:ファンの妹)、ミンヨンウォン(イヘリ:ウンソンの友人)

公園で。
何で言わなかったんだ。コウンソンとお前の関係・・。カバンから写真を出し、お前とコウンソンだろと言うファンに、この写真、どこから出てきたの。ウンソンが見せたのと聞くスンミ。このカバンの中から・・・コウンソンがお前の新しい父の娘だったのかと聞くファンに、そうと答えるスンミ。何で言わなかったんだと聞くファンに、ウンソンが言わないで欲しいって、(ファンの祖母に)父母がいないと言ったから、私達の関係が分かれば困るから・・・どっちみち父がなくなって縁も切ったから、お互いに知らない振りをして生きようとウンソンが言った。私の新しい父、つまり、ウンソンの父が事故で突然亡くなったの。会社も倒産し、借金も沢山残して亡くなったの。葬式に借金取りも殺到し、葬式が終わっても家まで押しかけてきて・・・それを見て、ウンソンがウヌを連れて家を出たの。母が部屋を借りるお金を準備したのに、その金も失くし、ウヌも失くし、そうして(ファンの)祖母に出会ったみたいと嘘をつくスンミ。アイツが嘘をついたって・・・と呟くファンだが。

公園で。
パクジュンセから、ファンが7歳の時に、ファンの父がファンの目の前で交通事故で亡くなり、失語症に罹り、3ヵ月言葉を話せなく。その時の記憶が思い出せないこと。だから、事故の内幕は分からないこと。ファンが葬式で誰からを恨むような表情をしていたことと聞くウンソン。

スンミが嘘を言ったとは信じられないし、ウンソンも嘘を言う奴には見えないと悩むファン。

出勤途中のバスの中で。
ラッシュからウンソンを守るファン。
降りて、ありがとうと言うウンソンだが、無視して行ってしまうファンであった。

庭園で。
ウンソンが作ったステーキビビンバを食べ、コーヒー片手に、庭園を散歩するジュンセとウンソン。
お前が今日のように、俺がお前に初めて会った日、夢を語りながら輝いていた時のウンソンに戻って欲しい。俺達、今日のように、好きな料理も作り、素晴らしい料理を開発しながら、暮らそうと言うジュンセに、どういう意味と聞き返すウンソン。俺はもうお前の兄貴じゃなくて、男になりたいとウンソンに言うジュンセであった。

次話へ

スポンサーリンク