韓国ドラマ「華麗なる遺産」21話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「華麗なる遺産」21話 あらすじ

【登場人物】
主演:ハンヒョジュ(コウンソン役)、イスンギ(ソヌファン役:チンソン食品創業者の孫)、ムンチェウォン(ユスンミ:ウンソンの異母姉妹)、ペスビン(パクジュンセ:フュージョンレストラン経営)、ヨンジュンソク(コウヌ:ウンソンの弟)、パンヒョジョン(チャンスクチャ:ファンの祖母:チンソン食品創業者)、ハンイェウォン(ソヌジョン:ファンの妹)、ミンヨンウォン(イヘリ:ウンソンの友人)

コウンソンの家で。
コウンソン・・・とドアを叩くファン。
ドアを開けたとたん、ファンがウンソンに・・・。
何で他人の部屋に入ってくるのと言うウンソンに、お前が最初に入って来た。好き勝手に入って来て、これも受け取らずにとネックレスを渡し、完全に寝入ってしまうファン。

ファンの寝顔を眺め、顔に触れるウンソンだが・・・ファンが寝返りを打ち・・・ビックリし・・・。
結局、机で寝てしまうウンソン。一方、目覚めたファンは、ウンソンに布団を掛けてシンクにもたれ掛かり寝込むファン。目覚めると・・・ウンソンの鍵を閉めて来てのメモと朝ごはんが・・・。

東海の灯台で。
するな。パクジュンセと何もするな。レストランも一緒にせず、行ったり来たりもするな。何もするなと言うファンに、何でと聞くウンソン。俺の横にいろと言うファンに、あの人達を残して私達が何が出来るというの。私達の間に誰がいるのか知っているの。スンミがいて、ジュンセお兄さんがいて、私を詐欺師として見るお婆さんとお母さんがいるのよ。私のウヌがいて、お父さんがいるの。だからやめて・・・と言い去って行くウンソン。ウンソンが自分があげたネックレスをしているのを見て、追いかけるファン。
つり橋の上で、止まれ。そんなの何の関係があるんだ。俺がお前を信じているのに。好きなのに。欲しいのに・・・とウンソンにキスするファンであった。

次話へ。

スポンサーリンク