広開土太王 1話

スポンサーリンク

広開土太王 1話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:イテゴン(タムドク[広開土太王]役)、キムスンス(コウン役)、イムホ(モヨンボ役:後燕国皇太子)、イイネ(ヤギョン役:コム大将軍の娘)、キムジョンファ(ソルチ役:マルカル族姫、[護衛武士])、チョンテウ(タムマン役:高句麗の世継:タムドクの兄)、キムギュチョル(ソルドアン役:マルカル族の戦士)、キムジョンヒョン(トルビス役:高句麗の将師[護衛武士])

後燕国の攻撃を受ける高句麗。ヒョント城が陥落し・・・。
後燕国皇太子モヨンボの兵に追われ、捕まるヒョント城城主コチャン。
危機一髪の所へ、タムドク率いる兵が・・・数本の弓矢を一瞬で放ち、多数の槍を後燕国の兵に向かって投げるタムドク王子。お前は誰だ・・・と聞く後燕国皇太子モヨンボに、俺は大高句麗を守る北方の鬼神将軍だ。お前ら全てを葬ってやると叫ぶタムドク王子。後燕国の兵を蹴散らすタムドクであった。ヨドン城に向かうタムドク達。

ヨドン城で。
大軍を連れ、降伏しろと叫ぶ後燕国皇太子モヨンボの配下。
その配下に弓矢を放つタムドク。お前達の皇帝に送った警告だ。高句麗に進軍したからには、ひとりも無事で帰れないと伝えろ。最後の警告だ。今すぐ帰らないなら、ひとりも後燕の土地を踏むことはできないと言い放つタムドクであった。

ヨドン城で。
後燕国軍と高句麗軍の戦闘が開始され・・・。
後燕国の将軍だけを選んで弓を放ち殺すタムドク。
退却しろ・・・と兵に命じる後燕国皇太子モヨンボ。

ヨドン城で。
後燕国皇帝が自ら兵を率い南方から来ている。北方から来ている後燕国皇帝は偽者だという情報が・・・。
将軍(ヒョント城城主)、私に兵200を出してください。秘密裏に城を出て、南方の道で後燕国皇帝を直接討ちますと言うタムドク王子に、駄目だ。兵士200で大軍に対するというのかと答えるコチャン将軍。
大軍に対するのではありません。後燕国皇帝だけを相手にするんですと言うタムドク王子に、駄目だ。200で城の外に出た瞬間に、抹殺されてしまうと反対して去って行くコチャン将軍。
将軍を追いかけ、兵200と道案内人を私に付けて下さい。どんなことをしても包囲から出ます。険しい山から切り抜けます。そうしなければ、機会は永遠にありませんと言うタムドク王子に、駄目だと言い放ち去って行くコチャン将軍。

本当に自信がありますか。後燕国皇帝を殺すことです。私が道案内をします。ヨドンで生まれ、ここで育ちました。知らない道はないので、私に任せてくださいとタムドク王子に言うヤギョン(コム大将軍の娘)

出発の場で。
我々は今、後燕国皇帝を殺しに行く。大将軍の許可も得られなかったので、誰も我々を支援しないだろう。我々の力だけで皇帝モヨンスを討たないといけない。城の外に出た瞬間すぐに死ぬかもしれない。しかし、国を助ける道で、誰が死を恐れるというのだ。命をかけて国を救えば、歴史に名前を残すことができる。行くぞ・・・と配下の前で叫び出発するタムドク王子であった。

橋の前で。
皇帝は必ず真中の橋を渡ってくる。兵を撃退し、橋を掌握すると・・・配下に命令を出し・・・。
橋を掌握し、橋に爆弾を仕掛けるタムドク王子達だが・・・。
爆弾を仕掛けている最中に後燕国皇帝が到着し・・・。
橋の下に残っていたタムドク王子達が見つかり、敵の弓矢が・・・。
河の中に飛び込み、弓矢を交わすタムドク。剣を持って向かってくる兵を河の中で撃退するタムドク王子だが・・・。敵の鎖に捕らわれ・・・。

次話へ。

スポンサーリンク