ケベク(階伯) 5話

スポンサーリンク

ケベク(階伯) 5話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:子役ヨイヒョヌ/イソジン(ケベク役:ケベク将軍)、子役ノヨンハク/チョジェヒョン(ウィジャ王子役)、オヨンス(サテク皇后陛下役)、ソンチヒョ(ウンゴ役:商団ヘンス)、子役ハンボベ/ヒョミン(チョヨン役:ケベク将軍の妻)、チョンノミン(ソンチョン役)、チャインピョ(ムジン将軍役:ケベクの父)、チョンノミン(ソンチュン役:ケベク将軍の策士)、キムユソク(フンス役:ケベク将軍の家来)、チェジョンハン(武王役:ウイジャ王子の父)、パクソンウン(ケベク将軍役)

山道で・・・。
2番目の馬に乗った者を殺せと・・・ウィジェ団から暗殺の依頼を受け、暗殺に向かうムジン元将軍。
父(ムジン)の後を尾行するケベク。
そこへ、馬に乗ったウィジャ王子が・・・。
馬に向かって件を向け走り出すムジン元将軍。
馬に斬りつけ、馬から落馬するウィジャ王子。
ウィジェ団かと聞くウィジャ王子に、剣を向け、そんなことを聞くな。お前も俺もお互いに知らない悪い縁ということだと言い放つムジン元将軍。

そこへ、父上。何で殺そうとしているんですか・・・とケベクが。
この人に恨みでもあるんですか。理由を言わない限りどかないと父ムジンに言い、ウィジャ王に早く逃げろと言うケベクだが・・・ケベクを突き飛ばし、ウィジャ王子を殺すとするムジン元将軍。王子様、ウィジャ王子じゃないですか・・・と叫ぶケベクの声で、踏み止まるムジン元将軍。剣を落し、私が分かりますかと聞くムジンに、将軍、ムジン将軍ですかと聞くウィジャ王子。

全て忘れたと情けないことをいうウィジャ王子に、ウィジャ、よく聞け。お前の言うことが真実なら、お前は俺が仕えた王子じゃない。既に死んだ者を更に殺したとてどうだというのだと自分の首に剣を向け、最後に聞く。俺に言ったことは真実なのかと叫ぶムジン将軍。1回でも忘れたことはありません。私は逃げません。今、逃げれば、二度と戻れません。世継になり、必ず王になり、あいつ等を俺の手で始末する。生きていてくれてありがとうございますと言い放つウィジャ王子であった。

そこへ、ウィジェ団の刺客が・・・。
気がつき、刺客を一掃するムジン元将軍。
ウィジャ王子の首の代わりに、殺した刺客の首にウィジャ王子の鉢巻を巻き、ウィジェ団のアジトに持って行くムジン元将軍。褒美を取らすと出て来たサテク皇后に、久しぶりですと言い放つムジン元将軍。本当にムジン、貴方ですか。腕はどうしたのと聞くサテク皇后に、貴方が持って行ったじゃないですかと答えるムジン元将軍。
私に会う為に長い間待っていたのですかと聞くサテク皇后に、前皇后との約束を守る為ですと答えるムジン元将軍。もう、終わりにしてください。私が面倒を見ますと言うサテク皇后だが・・・。ウイジェ団の配下を蹴散らし、サテク皇后を人質に取り、脱出するムジン元将軍であった。

荒れた小屋の中で。
ウィジェ団首領に追い詰められ、斬られるムジン将軍だが・・・。
暗殺指示書とサテク皇后を再度人質にし、斬られたムジンの腹を自らの帯で縛るサテク皇后。
まるで私を守る武将みたいだわね。貴方がいるから、人質でも平穏でいい。二人でいるのは久しぶりねと言うサテク皇后。

・・・回想・・・
抱きつき。私が嫌いですかと言うサテクに、貴方は私が得るには器が大きい過ぎますと言うケベク将軍。
それなら、その器を割りますと言うサテクだが・・・。貴方は王が選んだ人です。行ってくださいと去って行くムジン将軍であった。

サテク皇后を連れ馬で逃げるムジン元将軍。
追ってくるウィジェ団。皇后を犠牲にしても暗殺指示書は取り戻せと命があったとウィジェ団首領に告げる配下。
馬を降り、サテク皇后に先に井戸水を飲ませ、自分も飲むムジン。
そこへ、1頭の馬が・・・。馬の陰に隠れていたウィジェ団首領が突然剣を振りかざし、咄嗟にサテク皇后をかばい、斬られるムジン。

次話へ。

スポンサーリンク