ケベク(階伯) 8話

スポンサーリンク

ケベク(階伯) 8話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:子役イヒョヌ/イソジン(ケベク役:ケベク将軍)、子役ノヨンハク/チョジェヒョン(ウィジャ王子役)、オヨンス(サテク皇后陛下役)、ソンチヒョ(ウンゴ役:商団ヘンス)、子役ハンボベ/ヒョミン(チョヨン役:ケベク将軍の妻)、チョンノミン(ソンチョン役)、チャインピョ(ムジン将軍役:ケベクの父)、チョンノミン(ソンチュン役:ケベク将軍の策士)、キムユソク(フンス役:ケベク将軍の家来)、チェジョンハン(武王役:ウイジャ王子の父)、パクソンウン(ケベク将軍役)

宮殿
母の位牌の前で。
母上、何で私を連れていかなかったのですか。どうして死ぬよりもつらい道を・・・私ひとり生きていかないといけないのですか・・・と涙するウィジャ王子。

高句麗、南飛城の前で。
イリ(ケベク)達、新羅軍の雑兵(捕虜)に、今日、南飛城に向かう。志願する者だけが飯を食うことができる。手を上げろというキムユシン将軍。手を上げなくても、どっちにしろ。お前達は弓矢の盾として死ぬ。食べて死ぬか、ただ死ぬかと言うキムユシン将軍に、俺達はこのまま死ぬのも嫌だし、食べて死ぬのも嫌だ。最後まで生き残りたいから、生き残って来た者の後についていくと答える雑兵(捕虜)。
イリのことを言っているのか・・・とイリの元へ向かい、起きろとイリ(ケベク)に回し蹴りを食らわせるキムユシン将軍。お前が餓死するのはいい。だけど我々新羅軍が餓死するわけにはいかない。起きろ・・・と剣をイリ(ケベク)に向けるキムユシン将軍だが、イリ(ケベク)の座っている前においてある地図の上の石を見て、凄い戦略だ。お前は誰だと聞くキムユシン将軍であった。

高句麗、南飛城の前で。
投げ縄に短剣を結び、城壁の上にいる高句麗兵に向けて投げるイリ(ケベク)達。
短剣は、高句麗兵の首に巻きつき、絞め殺し、その縄で城壁を登り始めるイリ(ケベク)達。
一気に城壁を登り、高句麗兵を一掃するイリ(ケベク)。
中から南飛城の門を開け・・・城を落すイリ(ケベク)であった。

幕屋の中で。
イリ(ケベク)の元へ向かい、杯に酒を注ぎ、受け取れとイリ(ケベク)に渡すキムユシン将軍だが、受け取らずに、握り飯を食うイリ(ケベク)。
俺はキムユシンという。お前の本名は・・・と聞くキムユシン将軍。
何も言わないイリ(ケベク)に、じゃ、イリと呼ぶ。今回成功すれば賞を与えると言っただろ。俺はお前が気に入った。俺の配下にならないか。そうすれば、お前は捕虜の身分から解放され、新羅の兵士になれる。それと百済に家族がいるなら、いつでも連れて来い。彼らも新羅の土地に定着できるようにしてやる。どうだと言うキムユシン将軍に、口の中の米粒を吐きつけ、笑って去って行くイリ(ケベク)であった。

次話へ。

スポンサーリンク