ケベク(階伯) 9話

スポンサーリンク

ケベク(階伯) 9話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:子役イヒョヌ/イソジン(ケベク役:ケベク将軍)、子役ノヨンハク/チョジェヒョン(ウィジャ王子役)、オヨンス(サテク皇后陛下役)、ソンチヒョ(ウンゴ役:商団ヘンス)、子役ハンボベ/ヒョミン(チョヨン役:ケベク将軍の妻)、チョンノミン(ソンチョン役)、チャインピョ(ムジン将軍役:ケベクの父)、チョンノミン(ソンチュン役:ケベク将軍の策士)、キムユソク(フンス役:ケベク将軍の家来)、チェジョンハン(武王役:ウイジャ王子の父)、パクソンウン(ケベク将軍役)

宮殿で。
父の養女にならないかとウンゴに薦めるサテク皇后陛下。
そうなれば、お前は私の妹になれる。そして、お前を(宮殿内で)重用することができると言うサテク皇后陛下に、とても素晴らしいお話ですが、荷が思いですと答えるウンゴ。
賞を与えるという意味だけでなく、私がとても寂しいからなのだ。お前が私のそばに一生いてくれると嬉しい。いま返答しなくてもいい。十分に考えた後に返答してくれと言い放つサテク皇后陛下であった。

城壁の前で。
カジョン城、城主、アルチョン聞け。俺は、大百済王子、キョクだ。俺と一戦交えてみないか・・・と言い放つキョク王子。お前が会いたがっているウイジャがそこにいる。まず、キョクというヤツを討ち取り、ウイジャというヤツまで討ち取れば、俺の部下になるかと聞くキムユシン将軍に、俺が殺すと言うケベク。
殺させれば、俺の部下になるのかと聞くキムユシン将軍に、お前の好きなようにしろと言い放つイリ(ケベク)であった。

城を出て、この野郎、俺は将軍キムユシンだ。お前みたいなヤツがアルチョン将軍の相手になるか。俺がお前の首を城にかけてやると言い放ち剣を抜くキムユシン将軍。
一戦交えるが、形勢不利とみるやいなや、キムユシンと言ったか・・・新羅に人材がいない訳でもないなと陣営に戻り、兄貴の番だと、兄、ウイジャを送り出すキョク王子。

俺は百済の王子、ウイジャだ。出て来いアルチョン。首を取ってやると言い放つウイジャ王子。
剣を持ち、イリ(ケベク)が城から出て来る。ウイジャ王子に斬りかかり、俺が誰だって、俺がわからないのかと言い放つがウイジャ王子の配下が助けに・・・追いかけるイリ(ケベク)だが・・・イリ(ケベク)めがけて、弓矢が多数放たれ・・・矢を全て避けるイリ(ケベク)。地団太を踏んで、叫ぶイリ(ケベク)であった。

夜。
闇に乗じて、ウイジャ王子の命を狙うキョク王子。
ウンゴ配下の護衛武士のお陰で刺客を一層するが・・・刺客が放った毒矢がウイジャ王子の背中に・・・。
ウンゴの処方で一命を取り留めるウイジャ王子であった。

次話へ。

スポンサーリンク