韓国ドラマ「アラン使道伝」2話(イジュンギ主演)

スポンサーリンク

韓国ドラマ「アラン使道伝」2話

イジュンギ(ウノ役:キムウンブ大監の庶子、幽霊を見ることが出来る能力を持つ)、シンミナ(アラン役:幽霊、自分の死の原因を解明する為にこの世に残った幽霊)、ヨンウジン(ジュウォル役)、グオンオジュン(トルスイ役)、ファンボラ(バンウル役)、ハンジョンス(ムヨン役)、ユスンホ(玉皇上帝役:天帝)

森で。
アラン(シンミナ)を馬に乗せ、逃げるウノ(イジュンギ)。
追いかけて来る死神捕獲部隊隊長に、桃の花びらを投げつけるアラン(シンミナ)。
無事に逃げ切るのであった。

川辺で。
(馬から)アラン(シンミナ)を降ろし、髪飾りをアラン(シンミナ)の髪から取り、これをどこで手に入れたんだと聞くウノ(イジュンギ)に、私のよと答えるアラン(シンミナ)。
そんな訳はない。どこで拾ったのか・・・(そう、ウノが母に与えた物と同じなのだ)と聞くウノ(イジュンギ)に、死んだ時から持っていた物だわと答えるアラン(シンミナ)。
母に会ったことがあるというのか。しかしこの娘は何の記憶もないから・・・探してやる(あの娘の記憶を取り戻させれば母を探せるかもしれないと思いながら)・・・探してやる。お前の名前、お前が誰なのかまで・・・と言うウノ(イジュンギ)に、本当に・・・何で心変わりしたのと喜ぶアラン(シンミナ)。やっぱり情がある人だった。私は人を見る目があるでしょと手を差し出すアラン(シンミナ)の手を掴み、馬に乗せるウノ(イジュンギ)であった。

使道の館で。
使道になるウノ(イジュンギ)。
アラン(シンミナ)の似顔絵を描くが似ていず・・・3年間で未解決な事件で女性に関する物を配下にに持って来させるウノ(イジュンギ)。
アラン(シンミナ)の家、名前、婚約者の名前まで調べ上げるウノ(イジュンギ)。

アラン(シンミナ)が住んでいた部屋で。
イソリという名前だと言うウノ(イジュンギ)に本当なのと聞き返すアラン(シンミナ)。
やりかけの刺繍と自分のスカートの刺繍(蝶)が同じなのを見つけるアラン(シンミナ)。

アラン(シンミナ)/イソリに婚約者がいたことをつきとめるウノ(イジュンギ)。
婚約者を見て、胸がトキメキ、息ができないと・・・。

使道の館で。
ウノ(イジュンギ)の横に寝るアラン(シンミナ)。
何だと言うウノ(イジュンギ)に私の恨みが何だかわかると聞くアラン(シンミナ)。
接吻を1回もできずに、処女で幽霊になったことよとウノ(イジュンギ)にキスするアラン(シンミナ)であった。

次話へ。

スポンサーリンク