韓国ドラマ「武神」11話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「武神」11話

キムジュヒョク(キムジュン役[金俊]:奴隷)、キムギュリ(ソンイ役)、パクサンミン(チェヤンベク役:奴隷)、イジュヒョン(キム・ヤクソン役)、ホンアルム(ウォル役:奴婢)、チョンボソク(チェウ役:チェチュンホンの息子役)、チョン・ンモ(チェヤン:チェウの弟)

おおおお・・・五輪サッカー男子、韓国に負けてしいました。
2-0・・・完敗だ。
完全な気迫負け・・・ゴールを奪ってやるという気迫が日本選手にぜんぜん感じられなかった(^^;

ということで・・・
「武神」11話あらすじアップします。
ちょっと、テンションさがりぎみなので・・・もう一寝入りするつもり。

フンアン寺で。
チェウ代官の息子達が僧侶から教えを説いて貰っている間に、キムジュンは寺の書庫へ。
金剛経、般若経を見つけ昔本だ本だと喜ぶキムジュン。
貞観政要・・・そして武術書・・・気天門説、禅武道伝、正道術、私道武術などの武術書を見つけ、大喜びのキムジュン。1冊、1冊・・・読みふけるのであった。
武術書を読みながら、先輩僧侶から教わった武術の基本を思い出し・・・。

ソンイお嬢様の部屋で。
墨で蘭の絵を描いているが、うまく描けず、何で私がこうなの。変だわ。心が平穏じゃないわと呟き、侍女がキムジュンとウォラが婚姻することをソンイお嬢様の母が許したと話したのを思い出すソンイお嬢様。何で私がこんなに寂しいの。何かを失った者みたいに、なぜこんな・・・と。

都房の入り口で。
(奴隷軍の)小隊長か、奴隷の中ではいい階級だわね。ところで、噂があるんだけど、お前、ウォラと婚姻するって・・・やっぱり、お前は生きるも死ぬもあの娘の為だった訳ね。結局、嘘が事実として暴露去れた訳ね。最初から兄弟ではなかった。本当に失望したわ。一生懸命、弁解したくせに。婚姻か・・・とキムジュンに言い放ち去って行くソンイお嬢様だった。

都房、チェウ代官の奥方の部屋で。
(ウォラと)婚姻するのに問題はあるかと聞くチェウ代官の奥方・・・。

ウォラと婚姻することが決定し・・・。

次話へ。

スポンサーリンク

This entry was posted in 武神 and tagged .