韓国ドラマ「神医」8話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「神医」8話(イミンホ主演)

イミンホ(オダルチ/チェヨン役:高麗王室護衛部隊長)、キムフィソン(ユウンス役:現整形外科医、元外科医)、ユオソン(ギチョル役:高麗貴族)、イピルリム(チャンビン役:高麗宮廷医)、ソンフン(チョンウムジャ役:笛で超音波攻撃が出来る達人)、シンウンジョン(ファスイン役:右手からの火炎攻撃)、リュドクファン(高麗コンミン王役)、パクセヨン(ノグック王女:元国の王女で、高麗の王妃)

貴族ギチョルの館で。
医聖にお願いがありますと、手術の道具を配下に持って来させる貴族ギチョル。
竹の器に入った手術道具にさわり・・・これは何と叫ぶユウンス医師。
メスには、「Made in korea」のマークが・・・。

今から数百年前・・・まだ2アイテムあるのと聞くユウンス医師。
実は王と賭けをしました。7日以内に医聖の心を得ることができるかが賭けの内容でした。俺が勝てば、医聖は俺が得るということです。俺が負ければ、医聖は王のもの・・・。医聖の心は今どこにあるんですかと聞く貴族ギチョルに、私の心は私にあるに決まっているでしょと言うユウンス医師。
俺にくれますかと聞く貴族ギチョルに、嫌よと言い放つユウンス医師であった。

コンミン王の寝室で。
(オダルチ隊長は)はめられたと言っていました。王が渡した剣を自分の首にあて、(オダルチ)隊長は、オダルチ中隊長チェヨン、まだ、王が命じられた任務を完遂できませんでした・・・と言い、自害しようとするオダルチ隊長(イミンホ)配下であった。

牢獄で。
俺が与ええた任務をまだ完遂していないと言ったのかと聞くコンミン王に、完遂していませんと答えるオダルチ隊長(イミンホ)。それは俺が与えた任務を遂行しているということかと聞くコンミン王に、そうですと答えるオダルチ隊長(イミンホ)。俺が与えた任務はふたつだった。忠臣を誰がどういう目的で毒殺したのか証拠を探し出せと言う王に、毒殺の証拠はすでに探し捧げましたと答えるオダルチ隊長(イミンホ)。では、2番目俺が誰と戦わなければいけない理由を教えてくれと言う王に、証拠を通して誰と戦わないといけないかはもうわかっていっらしゃると思います。しかし、王が何故戦わなければいけないかは、私はまだ探し出していませんと答えるオダルチ隊長(イミンホ)。
俺は何故俺が戦かわないといけないか知っている。だから、お前は俺がどのように戦えばいいか、教えてくれ。教えてくれ。お前を助けられるように、医聖を貴族ギチョルの元へ行かせたのはそれだけが医聖を守る方法だと考えたからだ。俺の側にいれば危険だから・・・俺が力がなくて・・・どうしようもできなくてと言う王だが・・・。

王の寝室で。
脱獄し、王の元へ向かうオダルチ隊長(イミンホ)。
お聞きします。王がどうして戦わないといけないのか、すでにわかっておられると言われました。何で戦うのですかと聞くオダルチ隊長(イミンホ)に、王になる為だと言うコンミン王。
私に戦う方法を聞かれましたが・・・その答えを申し上げます。王は戦う方ではありません。王は(家来を)召抱える方です。ひとり、二人を召抱える王もいれば、数千、数万を召抱える王もいるでしょう。まずは、私を召抱えてください。そうすれば、戦いは私がしますと言い放つオダルチ隊長(イミンホ)であった。

王の御前で。
コンミン王の前に膝まづくオダルチ隊長(イミンホ)とその配下。

次話へ。

スポンサーリンク

This entry was posted in 神医.