韓国ドラマ 馬医(マイ) 4話 あらすじ

スポンサーリンク

韓国ドラマ 馬医(マイ) 4話 あらすじ

主演:チョスンウ(ペククァンヒョン役:馬医、医師)、イヨウォン(カンジニョン役:女医)、ソンチョンミン(イミョンファン役:カンジニョンの養父、医師)、ユソン(チャンインジュ役:女医)、イサンウ(イソンハ役:イミョンファンの息子)、イスンジェ(コジュマン役:医師)、ハンソンジン(ヒョンジョン王役:朝鮮18代王)、キムソウン(スッキ王女役)、チョンノミン(キムドジュン役:ペククァンヒョンの父)、チャンフィユン(ユンテジュ役:医師)、馬医チュギペ

矢で射られた養父を助ける為に、薬を探しに洞窟に戻って来たペククァンヒョンだが・・・。
すでに、洞窟で亡くなっていて・・・。
薬を持って来たんだ。目をあけて、早く起きて・・・と泣くペククァンヒョン。
ごめんなさい。ごめんなさいと泣くペククァンヒョン。
石に血で書かれた文字に気が付くペククァンヒョン。
「カンドジュン」の文字が・・・。
カンドジュンが何なんだ。何で、義禁府の役人が俺じゃなくて、オヤジを追いかけて来たんだ・・・何で・・・と聞くペククァンヒョン。

義禁府の役人に崖まで追い詰められるペククァンヒョン・・・罪人の息子がそこにいる・・・と。
幼い子だ。皆、武器を置いて捕獲しろと配下に命じる義禁府の役人。
イミョンファンの配下がペククァンヒョンに矢を放ち・・・矢が胸に・・・崖から落ちるペククァンヒョン。

命を取り止め・・・
馬医のチュギペによって、牧場に連れて来られた瀕死のペククァンヒョン。
もう駄目だと見捨てられるが・・・。
馬などの死んだ家畜で、外科手術をしている医師に偶然出会い、治療を受け、助かるペククァンヒョンであった。

ドジュン様の子はあの娘じゃない・・・とドジュンの息子、ペククァンヒョンを探すチャンインジュだが・・・見つけることはできず・・・。

馬医の道を行くのはどうだ。お前の運命はわからないが・・・何か理由があるんだろと言う馬医チュギペに、医者は嫌いだ。そんなのを習ってどうする。養父も俺に医術を覚えろと言ったけど・・・養父が死んだ時に何も思いつかなかった。馬鹿みたいに何もできなかったと泣くペククァンヒョン。

馬の死体を奪われ・・・奪った者を探しに行く馬医チュギペとペククァンヒョンだが・・・。

気が付くと、鍼を打たれベッドの上にいるペククァンヒョン。
ここは何だと聞くペククァンヒョンに、動くな・・・と鍼を抜いていく医師。
もう治ったな。俺の鍼を受けたのだから当然の結果だが・・・と言う医師。
俺を治療してくれたのは貴方なんですか。どうして医師がこんな所に住んでいるんですか。牧場から死んだ動物を何で盗んできているんですかと聞くペククァンヒョンに、五臓六腑が気になって。腹の中が気になるのに、人の腹を切って見ることはできないだろと答える医師であった。
本当にあの人が俺を助けてくれたのか・・・と洞窟を去って行くペククァンヒョン。

次話へ。

スポンサーリンク