韓国ドラマ「武神」41話 42話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「武神」41話 42話

キムジュヒョク(キムジュン役[金俊]:奴隷)、キムギュリ(ソンイ役)、パクサンミン(チェヤンベク役:奴隷)、イジュヒョン(キム・ヤクソン役)、ホンアルム(ウォル役:奴婢)、チョンボソク(チェウ役:チェチュンホンの息子役)、チョン・ンモ(チェヤン:チェウの弟)

【41話】

奉恩寺で。
来たの。最後に旅立つ前に一回会いたかったの。来てくれてありがとう。父が命じたことを成さなければね。毒の入った壷とキムジュンを部屋に入れるソンイ。
こうやって二人で時間を過ごせるなって、久しぶりね。1回でも平穏に会った記憶はないわね。しかし、この時間だけは父も仏様も許してくれるわよね。杯を受けて・・・時間がないわと言うソンイに、今からでも主君(ソンイの父)に許しを請うてくださいと言うキムジュンだが・・・。

心に溜め込んだことを話すにはとても短い時間ね。飲んで・・・と酒を飲むキムジュンとソンイ。
過ぎ去った日々を思い出すととても短いわね。いいたいことは沢山あったのに・・・キムジュン、旅たつ人の後姿は寂しいそうだというけど・・・心配してたの。キムジュンが私の後姿を見てくれなかったら、どうしようかと・・・片思いだったけど、(愛を)受ける人より、与える人の方が幸せだということを感じたわ。私が縫った貴方の官服よと服を取り出し・・・私に与えてくれなかった愛をアンシムに与えて・・・しかし、来世で会ったなら、その時は駄目よ。絶対に離さないわ。愛するということがこんなに苦しいなんて・・・だけど、いつも幸せだったわ。ひとつお願いがあるの。私の棺おけに貴方の服を入れてくれる。行きたくない・・・もっと、貴方といたいのに・・・と貴方が入ってくる前に、準備していた薬(毒)をすでに飲んだの・・・と血を吐きながら・・・静かに・・・時間がもったいないわ。私の手を握って、そのまま行くのは嫌・・・と言い倒れこむソンイを抱え込むキムジュン。

つらかったけど、幸せだったわ・・・キムジュン、貴方がいてくれて・・・幸せだったわと息を引き取るソンイ。
夫人・・・夫人・・・とソンイを抱きしめながら、泣くキムジュンであった。

【42話】

キムジュンに追放した二人の息子を見てくるように命じる閣下。
このままここで暮らしたい・・・と言う兄。
俺を連れて行ってくれ・・・今から兄貴として侍るから行かせてくれと頼む弟。

次話へ

スポンサーリンク

This entry was posted in 武神.