韓国ドラマ「武神」46話 47話 48話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「武神」46話 47話 48話

キムジュヒョク(キムジュン役[金俊]:奴隷)、キムギュリ(ソンイ役)、パクサンミン(チェヤンベク

役:奴隷)、イジュヒョン(キム・ヤクソン役)、ホンアルム(ウォル役:奴婢)、チョンボソク(チェ

ウ役:チェチュンホンの息子役)、チョン・ンモ(チェヤン:チェウの弟)

【46話】

チェハン閣下の部屋の前で。
閣下を諌めようとするキムジュンだが、俺が基幹を正す・・・と陰謀の罪を着せ、気に入らない者達の粛

清を始めるチェハン閣下。

【47話】

チェハン閣下の部屋で。
キムギョンソ将軍にも謀反の罪を着せようとするチェハン閣下。
キムギョンソ将軍は、この国と都房のために、忠誠を果たしてきた方ですと言うヤンベクに、アイツが決

意すれば、この都房なんて、簡単に壊すことができることが問題なのだ。強大な力を持っていることが問

題なのだと言う閣下。
そんな考えがある者なら、主君に会いますかと言うヤンベクだが・・・今も影で、キムギョンソに会いに

いっている者がいるはずだ。問題は、キムギョンソだ。キムギョンソを幽閉地に送れと命じる閣下であっ

た。

ヤンベクの部屋で。
そこまでしなければならなかったのか。他の者は仕方ないが・・・キムギョンソ将軍なのに・・・何で、

幽閉しないといけないのか。だんだん難しくなってくる。人々は俺を恨むんだな。しかし、どうしようも

ない。もう、運命は決まったんだとひとりごとのように、配下に話すヤンベクであった。

【48話】

キョック大会会場。
久しぶりにキョック大会が開かれる。
キョックは凄いです。兵士はここから出てきます。毎年、何回もこの試合をしなければいけません。そうすれば、蒙古軍に対抗できます。どんなに大きな軍隊でもあの勇気あるキョック出身の武士に勝てますかと陛下の前で興奮するチェハン閣下。

いよいよ、キムジュンとチェハンが・・・。
会えて嬉しいぞヤンベク、来いキムジュンと二人がぶつかり合う。
渾身の力で、ステッキを振り下ろす二人。

お互いの全ての配下が落馬し、残った二人。
キムジュンらしい、やっぱりキムジュンだと言うヤンベクに、笑いながら、ヤンベク、この試合をうまく組んだな。一生、気にしながら生きて来たんじゃないか・・・と言うキムジュン。
雷が轟き、稲妻が・・・豪雨が降りだし・・・。
そろそろ始めるか・・・と言うヤンベクに、ヤンベク・・・と向かうキムジュン。
雨をも切り裂く、激しい戦いが・・・。
お互いの兜をステッキで吹き飛ばし・・・。

出場して良かった。キムジュン・・・。簡単じゃないなと言うヤンベクに、俺が言いたいことだ。しかし、終わらさないといけないんじゃないかと言い放ち、再度、戦いを始めるキムジュン。
1時間も過ぎ去り・・・。
ヤンベクの目に水しぶきを飛ばし、キムジュンの一撃がヤンベクの眉間を・・・。
しかし、寸でのところで、キムジュンがステッキを止め・・・ヤンベクの一撃がキムジュンの腹へ。
落馬するキムジュン。ヤンベクが勝ったのだが・・・。
やっぱり、チェヤンベクだ。俺の負けだと言うキムジュンだが・・・。

高麗最高の武士だ。二人ともよく戦った。こういう武士がいる以上、大高麗の気勢は永遠だ。とても感激したと言う閣下だが・・・。
わざと負けたキムジュンを睨み続けるヤンベクであった。

キムジュンの家で。
キムジュン、俺達は友だ。命よりも自尊心を重要に思う武士だ。そんな俺になぜ屈辱を与えたのか。一晩中、眠れなかった。チェヤンベクの一生一大の屈辱だ。俺に屈辱を与えた。俺を撃つことができたのに、撃たなかった。どうしてだと言うヤンベクに、そんなことはないと答えるキムジュン。
この野郎・・・キムジュン。俺に同情したのか。軽く見たのか。相手にならないと思ったのか。このチェヤンベクが・・・と怒るヤンベクに、俺達の勝負は国に捧げないといけない。俺が死を覚悟して、お前に勝ったとしたら、チェヤンベクを通して、主君の権威を貶めることになる。お前は主君と主君の私営軍を統括する軍長だ。お前も生き、俺も生き、国が生きる道を考えたことがあるか。キョックって何だ。蒙古に対抗するための兵士を選抜するものじゃないか。俺にそんなに勝ちたかったのか。俺は蒙古に勝ちたった。お前の前で、10回、いや100回膝まづいてもいい。俺達が昔のように、力を合わせられるなら、今の国の有様はなんだ。何が忠誠で、何が愛国だ。俺達は誰のために、勝負しないといけないのか。お前と俺のために、主君のために・・・主君は国のために存在する。だから主君に対する忠誠が、国に対する忠誠になったのだと言うキムジュンだが・・・。

俺はキョックの話をしているんだと言うヤンベクに、キョックは高麗武士の自尊心だ。武士の本分は何なんだ。俺はキョックを通じて、それをお前に伝えたかったのだ。しっかりしろ。チェヤンベク。お前のやることは重要だ。主君に対する忠誠とは何なのか。もう一度考えてくれと言うキムジュン。
だから、お前と俺は考えが違うんだ。俺は忠誠しかしらない。国なんてものは俺にはわからない。主君が国家だから・・・もう一度、戦おう。武士らしい武士として・・・男として・・・俺はそれしかわからないと言い放ち、去って行くチェヤンベクであった。

次話へ。

スポンサーリンク

This entry was posted in 武神.