「大王の夢」38話

スポンサーリンク

「大王の夢」38話

チェスジョン/青年期 チェサンウ(キムチュンチュ王役)、キムユソク/青年期 ノヨンハク(キムユシン役)、パクジュミ/青年期 ソンジュア(善徳女王:トンマン王女役)、イヨンア/青年期 キムヒョンス(スンマン皇后役)、チョンドンファン(キムヨンチュン役:キムチュンチュの父)、チョギョンスク(チョンミョン王女役:キムチュンチュの母)、チョソヨン(ポリ宮主役)、リナトグレース(ウンミョン皇后役)、ミンジア(ポフィ役)、チェイルファ(キムリヒョン役)、新羅真平王、金色狐(刺客)、ビヒョンラン(鬼門の首領)、葛文王(カルムナン王)、上大等(サンデドゥン:キムユシンの祖父)、ポブミン:チュンチュの息子

高句麗王の御前で。
高句麗は道理を重んじる君主国家だと思っていたが、和平を求めてきた使者を脅迫するのかと言うチュンチュに、黙れ。高句麗の兵を利用し、百済を撃ち、私的な父と娘の恨みを晴らすという腹積もりを俺が知らないとでも思っていたのかと言い放つヨンゲソムン。
父と娘の恨みを晴らすと決めたなら、キムユシンの鉄騎兵だけで十分にサビ城を陥落させられる。高句麗の兵を借り、唐皇帝を撃つならわかるが、百済程度で、命を掛けて、高句麗の地に足を踏み入れるとでも思っているのですか。高句麗のヨンゲソムンは三韓統一を共にできる大人物だと思っていたのに、権力の力を使い剣を振り回す小人物だったみたいだな。俺は小人物とはこれ以上話をしたくないから、俺の首を斬れと言い返すキムチュンチュ。

剣を振り下ろすヨンゲソムン。肝が据わっているな。少しでも動いたなら、俺の剣がお前の首を落としたはずだと言うヨンゲソムンに、俺の首が落ちたなら、高句麗のヨンゲソムの名声も地に落ちたはずですと言い返すキムチュンチュ。新羅国に命を捧げるチュンチュとユシンの二人がいると聞いたが名声の通りだな・・・と笑い、高句麗大王に、新羅の使者の話を聞くべきだと進言するヨンゲソムン。

高句麗大王の執務室で。
タンハン城に対する百済の攻撃を防いだら、タンハン城の海路を開けると言う新羅王の書簡を渡し、タンハン城は中原に行く一番早い道です。三韓の富強は中原との貿易にかかっているので、今まで、タンハン城を奪い合う戦争が終わりませんでした。今からでも、新羅、高句麗、百済が和平を結ぶなら、タンハン城の海路開放を保障するという新羅君主の意思ですと話すキムチュンチュ。

高句麗大王の執務室で。
新羅が奪ったチュンニョン以北の土地を返してくれれば、朕は新羅と和平を結び、三韓の平和を成し遂げる。それが高句麗朝廷の意思だという高句麗大王に、チュンニョン以北の土地は100年近く、新羅の領土だったのに、何でそんな欲望を持たれるのですか。マルガルが数百年前に高句麗に奪われた領土を返せと言えば、返すのですか。私は新羅王の命を受けた使者にすぎません。チュンニョン以北の土地を返す権限はもっていませんと言い返すチュンチュだが・・・。キムチュンチュを牢獄に入れろと命じる大王。

修練場で。
唐と戦うことになれば、お前と新羅が高句麗の後ろを守ってくれるというのかと聞くヨンゲソムンに、信義を掛けて約束しますと答えるチュンチュ。俺はお前の信義は信じるが、お前の忠誠を信じられないのだ。お前は新羅の忠臣だから、新羅のためなら、信義と一時的な名誉なんて捨てるしかないだろう。それが俺がお前を信じられなく、新羅と和平を結ぶことができない理由だとチュンチュに言い放つヨンゲソムン。

次話へ。

スポンサーリンク