「大王の夢」41話 42話 43話 44話

スポンサーリンク

「大王の夢」41話 42話 43話 44話

チェスジョン/青年期 チェサンウ(キムチュンチュ王役)、キムユソク/青年期 ノヨン

ハク(キムユシン役)、パクジュミ/青年期 ソンジュア(善徳女王:トンマン王女役)、

イヨンア/青年期 キムヒョンス(スンマン皇后役)、チョンドンファン(キムヨンチュン

役:キムチュンチュの父)、チョギョンスク(チョンミョン王女役:キムチュンチュの

母)、チョソヨン(ポリ宮主役)、リナトグレース(ウンミョン皇后役)、ミンジア(ポフ

ィ役)、チェイルファ(キムリヒョン役)、新羅真平王、金色狐(刺客)、ビヒョンラン(

鬼門の首領)、葛文王(カルムナン王)、上大等(サンデドゥン:キムユシンの祖父)、ポ

ブミン:チュンチュの息子

【41話】

日本で。
日本の朝廷に逮捕されるキムチュンチュだが・・・。
中大兄皇子の説得で、危機を脱出し。

トンマン女王の計らいで正式に新羅の使者になるチュンチュ。

刺客に襲われるチュンチュ。
誰が送って来た。ビダム公か、百済か・・・と聞くチュンチュ。
そこへ、百済の将軍、ケベクが・・・。
百済王が俺に恨みを抱いているはずなのに・・・と言うチュンチュに、お前は百済王

室と百済を欺瞞した罪人だから、お前を生かして、サビ城に連れて行き、大王陛下と

百済朝廷の御前で、罪を問い、処刑する。それまでは、俺がお前を保護すると言い放

つケベクであった。

【42話】

日本で。
何で、朝廷を欺瞞したビダム公を処断しないのですか。ビダムが怖いのですかと聞く中大兄皇子に、倭とは三韓の事情が違うのです。朝廷が混乱すれば、高句麗と百済の剣が新羅に向かうのです。ビダムが野望を持って反乱を起こさない限りは、彼も国を守る大王の忠臣として見るのが当然ですと答えるチュンチュ。

トンマン女王の寝室で。
心の病で倒れるトンマン女王。チュンチュがいてくれれば・・・チュンチュに会いたいと嘆くトンマン女王だが・・・。漢薬を飲んで、血を吐くトンマン女王。

チュンチュ公に伝えないといけない話があるとチャビが日本まで。
大王陛下が吐血して倒れたことをチュンチュに伝えるチャビ。
ソラブルに帰ると決意するチュンチュだが・・・。

【43話】

トンマン女王の寝室で。
私がこの国の王位から退かなければならないとすれば、チュンチュに王位を継承する。私が王座に付くまで心の中に抱えていた考えだ。新羅の王室を継ぐ者はチュンチュしかいないと確信していたが、王座に付いた途端、その考えは消え去り、チュンチュが私の王座に挑戦しないかと恐れが生じ始めた。その恐れはチュンチュを疑わせ、こうなってしまったみたいだと・・・キムユシンに話すトンマン女王。

【44話】

ファベク会議で。
誰を摂政に推薦するのか、見守る。摂政として推薦された者を反逆者として処分する。家門も反逆罪として滅ぼすと言い放つトンマン女王。王室に挑戦し、王室の上に君臨するつもりなのか。陰謀を企てるというのか。キムユシン、誰であっても摂政に賛成する者がいたら、すぐに処刑しろ。新羅の君主として、忠臣を全て処刑してでも、王室の権威を守ると忠臣達の前で言い放つトンマン女王。

トンマン女王の御前で。
スンマン王女に王位を継承すると言い放つトンマン女王。

王宮で。
反乱軍を指揮し、王宮を攻めるビダム。

次話へ。

スポンサーリンク