馬医(マイ) 38話

スポンサーリンク

馬医(マイ) 38話

主演:チョスンウ(ペククァンヒョン役:馬医、医師)、イヨウォン(カンジニョン役:女医)、ソンチョンミン(イミョンファン役:カンジニョンの養父、医師)、ユソン(チャンインジュ役:女医)、イサンウ(イソンハ役:イミョンファンの息子)、イスンジェ(コジュマン役:医師)、ハンソンジン(ヒョンジョン王役:朝鮮18代王)、キムソウン(スッキ王女役)、チョンノミン(キムドジュン役:ペククァンヒョンの父)、チャンフィユン(ユンテジュ役:医師)、馬医チュギペ、サアム師匠

ドソンに現れ、死人の解剖を繰り返す追放されたサアム師匠の一番弟子。

宮殿で。
大王陛下の世継王子の病が治らず・・・。
イミョンファン主席医師が王子を治せるのか・・・それ自体、信じることができないとイミョンファン主席医師に言い放つ大王陛下。

ペククァンヒョンの家で。
自らの身体を実験台にし、破傷風を防ぐ方法を探し続けるペククァンヒョン。
貴方が死んだらどうするの。何で、こんな無謀なことするの。恵民署に行きましょうと言うカンジニョンに、駄目だ。このままでは外科手術は駄目になる。破傷風を防げなければ、人を救うことができない。ここまで来たのに、ここで立ち止まるわけにはいかないんだと言い放つペククァンヒョンであった。

宮殿で。
世継王子を診るペククァンヒョン。
どうだと聞く大王陛下に、世継王子の状態が思っていたより、良くないですと答えるペククァンヒョン。
方法がないのか。外科手術も難しいのかと聞く大王陛下。
世継王子の外科手術をすることを決意するペククァンヒョンであった。

恵民署で。
まず、世継王子の手術をする。そして、俺の手の手術はお前がやってくれとユン医師に頼むペククァンヒョン。俺の身体で先に試したいのだが、王子の状態が悪くて、これ以上先延ばしにするわけにはいかないから、先に、王子の手術をし、俺の身体で破傷風を試し、効果が出たとき、同時に王子の処方を出すとメンバーに話すペククァンヒョンであった。

宮殿で。
世継王子の身体にメスを入れることに反対する大王陛下の母とチュンジョン(世継王子の母)。
私はあの者を信じられません。認められないと反対する大王陛下の母だが・・・。

恵民署で。
世継王子に麻酔をかけ、手術を始めるペククァンヒョン。
患部は切り取ったが、王子の出血が止まらず・・・。

次話へ。

スポンサーリンク