「奇皇后」5話

スポンサーリンク

「奇皇后」5話

ハジウォン(キスンニャン役:高麗出身で元国の皇后)、チュジンモ(ワンユ役:高麗の国王)、チチャンウク(タファン役:元国の皇帝)、ペクチニ(タニシルリ役:ヨンチョルの娘、タファンの正室)、キムソヒョン(ファンテフ役:タファンの叔母)、チョンクァン(ヨンチョル役:元国最高の功臣)、イジェヨン(ワンゴ役:高麗王族出身の功臣)、キムヨンホ(ペクアン役:元国右丞相)、イムンシク(パンシヌ役:高麗王の宦官)、ユンヨンヒョン(チョンバキ役:高麗王配下)、キムチョンヒョン(タンギセ役:ヨンチョルの長男)、チンイハン(タルタル役:ペクアンの甥)、チャドジン(タプチャヘ役:ヨンチョルの次男)、キムミョンス(カジオ役:軍長、スンニャンの父)

山で。
犬を使って皇太子を追跡するタンギセ将軍とその配下。
逃げる皇太子とスンニャンだが・・・崖に追い詰められ・・・。
向こうまで飛んでと言うスンニャンに、俺には出来ない。下に落ちたら・・・ヨンチョル宰相の言うように、俺は何も出来ない奴なんだと言う皇太子に、やる前から放棄するんですか。皇帝になるために今まで何をして来たんですか。弟が死ぬことだけを願って来たから、こんなことになっているんです。生きたければ、皇帝になりたければ、飛ばなければいけませんと言い放つスンニャン。

一、二、三で、一緒に飛ぶ皇太子とスンニャン。
崖につかまる皇太子とスンニャン目掛けて、弓矢を放つタンギセ将軍の配下。
耐え切れなくなって、河に落ちる二人。

一方、元の国では、弟が亡くなり・・・。

河の近くの洞窟で。
皇太子を連れ、河から這い出るスンニャン。
自分の身体で、冷え切った皇太子の身体を暖めるスンニャンであった。
死なないで・・・お願いよ。貴方が生きてこそ、私の父を救うことができるの・・・と涙するスンニャン。気がつく皇太子。

空家で。
気を失うスンニャン。
スンニャンの傷を見て・・・こんなになるまで我慢していたなんて・・・と薬を探しに行く皇太子だが・・・。金が無く、薬を盗む皇太子。
高麗王の配下が偶然、皇太子を見つけ・・・医者にスンニャンを診せるのであった。
女の身体でよく耐えられたものだと言う医者の言葉を聞き、驚く高麗王の配下。

スンニャン、お前は違うというだろうが・・・お前は俺の初めての部下だ。そして、世界に一人しかいない唯一の友だと寝ているスンニャンに、話す皇太子であった。

起きたスンニャンに、何で女だということを隠しているんだ。医者が俺だけに話してくれたと言う高麗王の配下に、秘密にしてくれと頼むスンニャン。

どんなことがあっても、高麗王に皇太子が生きていることを伝えなければいけない・・・勝つための戦いです。恐怖でも何でも耐えなければいけません・・・と棺桶に、皇太子を寝かせ、塩を入れ、発酵した魚エキスを入れ・・・

次話へ。

スポンサーリンク