「奇皇后」14話 15話

スポンサーリンク

「奇皇后」14話 15話

ハジウォン(キスンニャン役:高麗出身で元国の皇后)、チュジンモ(ワンユ役:高麗の国王)、チチャンウク(タファン役:元国の皇帝)、ペクチニ(タニシルリ役:ヨンチョルの娘、タファンの正室)、キムソヒョン(ファンテフ役:タファンの叔母)、チョンクァン(ヨンチョル役:元国最高の功臣)、イジェヨン(ワンゴ役:高麗王族出身の功臣)、キムヨンホ(ペクアン役:元国右丞相)、イムンシク(パンシヌ役:高麗王の宦官)、ユンヨンヒョン(チョンバキ役:高麗王配下)、キムチョンヒョン(タンギセ役:ヨンチョルの長男)、チンイハン(タルタル役:ペクアンの甥)、チャドジン(タプチャヘ役:ヨンチョルの次男)、キムミョンス(カジオ役:軍長、スンニャンの父)

【14話】

元の宮殿で。
宮殿に入ってくる元高麗王ワンユ。
イケメンだと・・・宮女の視線を一手に集め・・・。

元の宮殿、タファン皇帝の御前で。
杯を受け取れ・・・と言うタファン皇帝に、今回、手柄を立てたのは私ではありません。絶体絶命の危機から、我々を救出し、勝利に導いたのは、ワンユが率いた部隊でしたとタファン皇帝に告げるペクアン将軍だが・・・。

敗者の責任は分けることができますが、一緒に戦って得た勝利は分けることができません。だから、皆の勝利ですと言うワンユ達に、お互いに手柄を相手に与えようとするとは、真の男達の姿ではないですか・・・とタファン皇帝に話すヨンチョル大宰相。
金千両と銀1万両をワンユに与え、ペクアン将軍に金1万両を与え、王宮守備隊長に任命するタファン皇帝であった。

元の宮殿で。
ワンユと単独で会うタファン皇帝。
スンニャンに会いたくないのかと聞くタファン皇帝に、あの娘を高麗に帰してあげてくださいと頼むワンユ。俺がこの国の皇帝だ。あの娘の運命は俺の手の中にあるのだと言うタファン皇帝に、では、皇帝陛下の運命は誰の手の中にあるのですかと聞き返すワンユ。王印すら自ら押すこともできないのに、誰の運命を左右することができると言えるのですか。スンニャンは陛下の思い通りにはならないでしょうと言い放ち、去って行くワンユであった。

宮殿では、前元皇帝(タファンの父)の血書がどこかにあるという噂が流れ・・・。
お互いに血書を秘密裏に探すヨンチョル大宰相とペクアン将軍。

【15話】

元の宮殿で。
血書があることをスンニャンに話すワンユ。
前元皇帝が死ぬ前に血で書いた遺言書だ。前元皇帝を殺したのはヨンチョル大宰相に間違いないだろう。このことで、ヨンチョル大宰相は直近の臣下を疑いはじめるはずだ。俺はその疑いをより大きくさせ、ヨンチョル自ら首を絞めるように仕向けると言うワンユに、ここはとても危険なところです。一瞬の失敗で陛下の命が・・・と心配するスンニャンだが・・・。

廃位された瞬間、ワンユとしての俺は既に死んだのだ。俺は必ず高麗の王として復帰する。そのためには、必ず、ヨンチョル大宰相を取り除かないといけないと言うワンユに、私も陛下を手伝います。何でも命じてくださいと言うスンニャン。

お前がやることはない。俺に、もう一度、お前を死地に送れというのかと言うワンユに、陛下の復帰のお手伝いができるのなら、私の命なんていりません。今も高麗の民であり、陛下の忠僕なんです。だから、私の意志を砕かないでください。ばれても陛下に迷惑をかけることはありませんと答えるスンニャン。
お前に会うべきではなかった。命令だ。絶対にこのことに首をつっこむなと言い放ち、去って行くワンユであった。

元の宮殿で。
タファン皇帝チームとワンユのチームでサッカーの試合が行われ・・・。
一方、王印を書類に押しているヨンチョル大宰相。
最後の書類を広げると・・・そこには、血で書かれた文字が・・・ミョンジョン皇帝の慟哭は地に埋められ、ヨンチョルの笑いは天を突き刺した。皇帝の血書が現れた時、天地が震動し、血の雨が降る・・・と、誰だ。お前は・・・ヨンチョルに挑戦状を突きつけるとは、誰だと思いをめぐらすヨンチョル大宰相であった。

次話

スポンサーリンク