「獄中花・オクニョ・オンニョ」10話

スポンサーリンク

「獄中花・オクニョ・オンニョ」10話

チンセヨン/子役 チョンダビン(オンニョ役)、コス(ユンテウォン役:ユンウォニョンの庶子)、キムミスク(文定王后役:中宗王の王妃)、チョンジュノ(ユンウォニョン役:文定王后の弟)、パクチュミ(チョンナンジョン役:ユンウォニョンの妾)、ユンジュヒ(イソジョン役:妓女)、キムスヨン(ユンシネ役:チョンナンジョンの娘)、チョングァンリョル(パクテス役:チョンガンジョ・趙光祖の弟子)、チェテジュン(ソンジホン役:パクテスの孫)、チョンウンピョ(チチョンドゥク役:チョノクソ・典獄署の官吏・オンニョの養父)、チュジンモ(イジハム役:学者、オンニョの師匠)、チェミンチョル(チョンデシク役:典獄署署長)、イムホ(カンソノ役:捕盗庁武将兼チェタミン(諜報員))、イヒド(コンジェミョン役:商団大行首)、カンミノ(キチュンス内禁衛役:文定王后直属護衛)、シュリ(チョンドン役:スリ)

チェタム(諜報員)のアジトで。
カンソノ武将の首に剣をつきつけ、私は貴方様の指示通りしました。それが私が生きられる唯一の道だと信じたから・・・それなのに、私がどんな罪を犯したと・・・このように終われる身になったのですかと言うオンニョに、全て俺のしくじりだ。弁解の余地もない。元に戻す力もない。俺を殺せ。お前に殺されるのがお前に許しを請う唯一の道みたいだと言うカンソノ武将。
貴方を殺したとして何が変わるというのですか。パクテス様の死が私のためだという汚名を消し去ることもできないのに。どうしたらいいんですか・・・と泣くオンニョであった。

ユンテウォンの母の家で。
ユンテウォンの母の家で匿われるオンニョ。

コンジェミョン商団で。
俺は内禁の捜査官だ。お前の商団の通訳をしたのがオンニョという女だと聞いている。商団にはどうやって入って来たのかと聞くキチュンス内禁衛に、イジョング様の紹介で入ってきました。商団の通訳として同行して、ヨンギョンに着く前に、明国の使者様が死にました。その事件と共にオンニョも消えました。私が知っているのはそれだけですと答えるユンテウォン。
俺は今オンニョの行方を捜している。もし、お前がオンニョの行方を知っているなら、教えてくれ。俺がオンニョに会えば、あの娘が生きられると言うキチュンス内禁衛に知りませんと答えるユンテウォン。

ユンテウォンの母の家の下働きの女がオンニョが、ユンテウォンの母の家にいることをチョンナンジョンに知らせ・・・。

ユンテウォンの母の家で。
食事の下働きの女が毒を入れるのを偶然みつけ、台所で毒を捜索するオンニョだが・・・。
そこへ、捕盗庁の兵が乱入し、捕盗庁の兵に捕縛されるオンニョ。
門を出たところに、キチュンス内禁衛とその配下が・・・。
俺は内禁の捜査官、キチュンスだ。俺は捕盗庁捜査官、ソンジヨンだ。この罪人は内禁で連行すると言うキチュンス内禁衛。この罪人はユンウォニョン大監の命令で逮捕したから退け・・・と言う捕盗庁捜査官ソンジヨンに、黙れ。内禁でこの罪人を連行しなければいけない理由は、王后様の命だ。早く罪人を渡せ・・・と言い放つキチュンス内禁衛。

文定王后の宮殿で。
恐れることはないお前が知っている事実だけを話せばいい・・・とオンニョに告げるキチュンス内禁衛。

文定王后の部屋で。
お前がパクテスの最後を看取ったと聞いた。全てを詳しく話せ。パクテスとの因縁を話してみろと言う文定王后に、私が15歳の時に、典獄署の地下牢に収監されていたパクテス様に初めて会いました。少しして私はあの方の弟子になりました。私はあの方から漢文と武芸を習い、チェタム(諜報員)になり、あの方と任務を遂行することになりました。あの方は師匠の前に、私には父のような方でしたと涙するオンニョ。パクテス様が刀で斬られて亡くなれました。全力で助けようとしましたが・・・と泣くオンニョ。

そこへ、ユンウォニョン代監とチョンナンジョンが入って来る・・・。

パクテスが残した言葉はなかったかと聞く文定王后に、全てのことはユンウォニョン大監が計画した陰謀だとおっしゃいました。ユンウォニョン大監とは昔から腐れ縁があるとおっしゃっていました。それで私と一緒に任務を遂行したチェタム(諜報員)にパクテス様を殺せと命令したのですと答えるオンニョであった。

次話へ

スポンサーリンク