「獄中花・オクニョ・オンニョ」11話

スポンサーリンク

「獄中花・オクニョ・オンニョ」11話

チンセヨン/子役 チョンダビン(オンニョ役)、コス(ユンテウォン役:ユンウォニョンの庶子)、キムミスク(文定王后役:中宗王の王妃)、チョンジュノ(ユンウォニョン役:文定王后の弟)、パクチュミ(チョンナンジョン役:ユンウォニョンの妾)、ユンジュヒ(イソジョン役:妓女)、キムスヨン(ユンシネ役:チョンナンジョンの娘)、チョングァンリョル(パクテス役:チョンガンジョ・趙光祖の弟子)、チェテジュン(ソンジホン役:パクテスの孫)、チョンウンピョ(チチョンドゥク役:チョノクソ・典獄署の官吏・オンニョの養父)、チュジンモ(イジハム役:学者、オンニョの師匠)、チェミンチョル(チョンデシク役:典獄署署長)、イムホ(カンソノ役:捕盗庁武将兼チェタミン(諜報員))、イヒド(コンジェミョン役:商団大行首)、カンミノ(キチュンス内禁衛役:文定王后直属護衛)、シュリ(チョンドン役:スリ)

文定王后の部屋で。
私が駆けつけた時には、パクテス様が腹部を斬られていて、危ない状況でした。全力で助けようとしましたが、私が出来ることは止血だけでした・・・と泣くオンニョ。

そこへ、ユンウォニョン大監とチョンナンジョンが入って来る・・・。

パクテスがお前に残した言葉はなかったかと聞く文定王后に、全てのことはユンウォニョン大監が計画した陰謀だとおっしゃいました。ユンウォニョン大監とは昔から腐れ縁があるとおっしゃっていました。それで私と一緒に任務を遂行したチェタム(諜報員)にパクテス様を殺せと命令したのですと答えるオンニョ。

私がお前に与えた権力は、主君とこの国の為に使えと与えたものだ。何で私の命令を拒絶したのかと言う文定王后に、そんな命令を下したことはありませんと答えるユンウォニョン大監。

下がれ・・・と叫ぶ文定王后。出て行くユンウォニョン大監とチョンナンジョン。

何で、パクテスの死がお前の失敗だと認めたのかと聞く文定王后に、政治的理由で私がそうすれば生きられると言われたからですと答えるオンニョ。
私がお前を信じてやる。私に願うことがあれば言ってみろと言う文定王后に、信じてくださったのに願いなんかありません。ただ、パクテス様が亡くなる直前に私にチェタム(諜報員)を辞めろと嘆願されました。私が典獄署茶母として戻れるようにしてくださいと頼むオンニョであった。

文定王后から地位をはく奪されるユンウォニョン大監。
罪人として典獄署に連行されるユンウォニョン大監。

典獄署で。
チョンナンジョンの計略で典獄署に収監されているイミョンウ商団のイミョンウ大行首を昼間外に出し、夜間に戻ればいいように、典獄署署長と話を付けるオンニョ。ユンテウォンという人が訪ねて行って、取引を提案するので、よく判断して決めてくださいとイミョンウ大行首を送り出すオンニョ。

コンジェミョン商団で。
取引をさせてほしいと言うユンテウォンに、チョンナンジョンの配下の商団と取引しているから無理だと話すイミョンウ大行首。
今、典獄署にユンウォニョン大監が収監されていることをご存知ですか。ユンウォニョン大監は地位をはく奪されました。貴方がチョンナンジョンから逃れるいい機会ですとイミョンウ大行首に話すユンテウォン。

ユンテウォンの母の家で。
血を吐き、倒れているユンテウォンの母。

典獄署で。
監獄で、首を吊って死んでいるイミョンウ大行首。
イミョンウ大行首は自殺したんじゃない。誰かが殺したんです・・・と典獄署署長に話すオンニョ。

次話へ

スポンサーリンク