「獄中花・オクニョ・オンニョ」18話

スポンサーリンク

「獄中花・オクニョ・オンニョ」18話

チンセヨン/子役 チョンダビン(オンニョ役)、コス(ユンテウォン役:ユンウォニョンの庶子)、キムミスク(文定王后役:中宗王の王妃)、チョンジュノ(ユンウォニョン役:文定王后の弟)、パクチュミ(チョンナンジョン役:ユンウォニョンの妾)、ユンジュヒ(イソジョン役:妓女)、キムスヨン(ユンシネ役:チョンナンジョンの娘)、チョングァンリョル(パクテス役:チョンガンジョ・趙光祖の弟子)、チェテジュン(ソンジホン役:捕盗庁庁官、パクテスの孫)、チョンウンピョ(チチョンドゥク役:チョノクソ・典獄署の官吏・オンニョの養父)、チュジンモ(イジハム役:学者、オンニョの師匠)、チェミンチョル(チョンデシク役:典獄署署長)、イムホ(カンソノ役:捕盗庁武将兼チェタミン(諜報員))、イヒド(コンジェミョン役:商団大行首)、カンミノ(キチュンス内禁衛役:文定王后直属護衛)、シュリ(チョンドン役:スリ)、ソ・ハジュン(明宗役・お忍名:暗行御史イギジュン)

ソソル妓房で。
大監にお願いがあります。塩を納品する競合があります。私が所属する商団で塩を納品できるように助けてください。大監の力で競合に勝たせてくださいということではありません。今回の競合が公平に進められるように助けてくださいとユンウォニョン大監に頼むユンテウォン。

ある夜。
お前の母から貰った遺品の指輪を見せてくれと言う元宮女。
もしかして東宮殿の宮女でしたかと聞くオンニョに、何でお前が知っているのかと聞き返す元宮女。
その指は、前王様が東宮殿にいらっしゃった時に、東宮殿の宮女に贈られたと聞きましたと答えるオンニョにそうだ。お前の母について話してくれるかと言う元宮女。私の母は満身創痍の体で、典獄署の前で斬られて倒れていたと聞きました。典獄署の官吏の義父が母を典獄署に連れて行き、私の母は私を産んで亡くなったと聞きました。母について知っているのはそれで全てです。母が誰なのかわかりますかと言うオンニョに、この指を持っていることから東宮殿の宮女だと言えるが・・・カビという宮女がいた。ところがある日突然行方不明になった。カビか行方不明になって噂が広がった。そのカビがお前の母と関係があるかもしれないと答える元宮女。
昔、私が母の身分を探ろうと東宮殿の宮女様達に会ったことがあります。そして、宮女様達は皆死んだという事実を知りました。誰かによって殺されたと推測しました。もしかして、その理由を知っていますかと聞くオンニョに、それは知らない方がいい。万一、お前の母が東宮殿の宮女だとしても、その事実を誰にもしゃっべてはいけない。お前の命も危なくなると言い放つ元宮女。私は私の母が誰なのか、何で死んだのか、私の母を殺したのが誰なのか、私の父が誰なのか、知りたいのです。手伝ってくださいと言うオンニョに、もう帰れと言い放つ元宮女であった。

捕盗庁で。
実父パクテスの手紙を読むソンジホン捕盗庁捜査官。
お前がこの手紙を受け取っているということは俺はこの世にいないということだ。この手紙と一緒に地図を残す。その地図に記された場所を探せば、お前の残りの人生に大きな助けになる物を見つけ出すことができるであろう。最後に、この手紙を渡したオンニョという娘は俺にとって無二の友であり、ただひとりの弟子だった。お前に力があるなら、どうかオンニョの世話をしてやってくれ・・・と。

酒場の個室で。
典獄署の内情を話して欲しいという暗行御史としてお忍びの明宗王に、罪人に労働させ、典獄署の食料の財源として、出所する時に分けるお金として使うことを話すオンニョ。今回は商団で塩作りの労働をさせたこと、しかし、塩取引をチョンナンジョンが実質的に独占しているので、取引が難しいことを話すオンニョ。

平市署で。
平市署の官吏に近く塩の納品に関して入札があると聞いている。今回の入札に関して詳細に報告しろと命じる明宗王。
また、ユンウォニョン大監もユンテウォンの頼みで、官吏に公平にやれと釘を刺し・・・。
価格競争となる模様・・・。

破格的な3両で入札する予定のコンジェミョン商団行首ユンテウォンだが・・・。
情報がチョンナンジョンに漏れ・・・損失が大きい今回は諦めろという側近達の言葉をせいしし、ユンテウォンだけつぶせればそれでいい・・・と2.9両で入札を出せと配下に命じるチョンナンジョン。

平市署で。
入札価格を発表する官吏。キムチュギョン商団、6両。コンジェミョン商団、3両。ミンドンジュ商団、2.9両と発表する官吏。納品はミンドンジュ商団、チョンナンジョンの商団に決定する。しかし、損失は、8,000両だ。

ミンドンジュ商団で。
ユンテウォンにやられたみたいだとチョンナンジョンの兄が・・・コンジェミョン商団は損をしないという噂が流れている。むしろ、利益を残すという噂まである・・・と。

酒場で。
どうでしたかと聞くオンニョに、俺達の思い通りになったと話すユンテウォン。

・・・回想・・・
平市署入札はするなと伝えろ。平市署入札に参加するよりも、もっと利益がでる方法を教えてやる。国の塩が不足している。国に塩を納品できるようにしてやるから今回の入札に参加しなくてもいいとオンニョに話す暗行御史としてお忍びの明宗王。

次話へ

スポンサーリンク