「お金の花」1話

スポンサーリンク

「お金の花」1話

チャン・ヒョク(カン・ピルジュ役・弁護士・チョンアグループ 戦略企画室常務)、イ・ミスク(チョン・マルラン役・チョンア財団理事・チャン・クッカンの亡くなった長男の妻)、イ・スンジェ(チャン・クッカン役・チョンアグループ創業者)、パク・セヨン(ナ・モヒョン役・活動家・中学校臨時教師)、チャン・スンジョ(チャン・プチョン役・チャンアグループ常務・チャン・クッカン創業者の孫)、ハン・ソフィ(ユン・ソウォン役・チャンアグループ本社 案内デスク職員)、パク・チイル(ナ・ギチョル役・議員・ナ・モヒョンの父)、ソヌ・ジュドク(チャン・ソンマン役・チョンアグループ会長・チャン・クッカンの次男)、イム・ガンソン(チャン・ヨチョン役・チャン・ソンマンの息子)

【草原で野鳥観察中に】
部下にナ・モヒョンのカバンに盗聴器を付けさせるカン・ピルジュ戦略企画室常務。

【検察室で】
自首し、検察官に拘束してくれと話すカン・ピルジュ戦略企画室常務。

【建物の外へ】
・・・手錠を掛けられ、建物の外に出るカン・ピルジュ戦略企画室常務・・・
報道陣が歩み寄り、「チャン・プチョン常務の罪を代わりに背負ったという話がありますが・・・どうですか?」と詰め寄るが、無言で通り過ぎていくカン・ピルジュ戦略企画室常務であった。

【刑務所の面会室で】
ありがとうカン・ピルジュと言うチャン・プチョン常務にどういたしましてと答えるカン・ピルジュ戦略企画室常務。お前が助けてくれなかったら、祖父に追い出されるところだった。欲深い俺を助けてくれて、お前はそんな奴じゃないのにと言うチャン・プチョンに、間違ってはいない・・・俺はとても欲深い、腹、臓器に至るまで欲望で一杯なんだ。知らなかったのかと言うカン・ピルジュ戦略企画室常務。

<・・・少年期の回想開始・・・>
話は、カン・ピルジュが少年の頃に遡る(回想)

車をぶつけた学生を監禁し、親に電話しろと迫るヤクザ。
その学生が、チャン・プチョンだ。

・・・カン・ピルジュに見張りを任せ、ヤクザが出ていく・・・

チョンア自動車って知っているだろ。そこの社長が俺の祖父だ。逃がしてくれたらお前に後で金をやるというチャン・プチョンに、じゃ、今、連絡して金を持って来いと言えと言うカン・ピルジュだが・・・。逃がしてやることにするカン・ピルジュ。

・・・ヤクザに見つかり・・・
もみ合う内に、ヤクザをナイフで刺してしまうチャン・プチョン。

【警察署】
鉄格子の中に監禁されるカン・ピルジュとチャン・プチョン。
どちらもやってないと言っているが、誰が刺したんだと聞く警察官に、カン・ピルジュだと答えるヤクザ。
兄貴、気が狂ったのか。俺じゃないだろ。アイツがやったんだろ・・・と叫ぶが、殺傷罪で刑務所に収監されてしまうカン・ピルジュであった。

<・・・回想終了・・・>

【刑務所】
スーツを着て出所するカン・ピルジュ。
金粉をまぶした豆腐を持って迎えに来るチョン・マルラン財団理事。
出所した日は1日外で寝て帰るのよ。悪い気を洗濯する為に・・・と話すチョン・マルラン財団理事。

【事務所で】
撮影した写真を見ながら、兄貴、ナ・ギチョルの娘とチャン・プチョン、お似合いかなと聞く部下に、工作しなきゃ、お似合いになるようにと言うカン・ピルジュ戦略企画室常務。そうだよね。二人を必ず結婚させなきゃと言う部下。

【チャン・クッカンチョンアグループ創業者の家で】
・・・チャン・ヨチョン、チャン・プチョン、チョン・マルラン、カン・ピルジュが集う中で・・・
亡くなった父から相続を受けた会社をチャン・ヨチョンに譲れとチャン・プチョンに話すチャン・クッカン創業者。

・・・チャン・クッカンチョンアグループ創業者とカン・ピルジュの二人で・・・
チャン・ヨチョンの下で働けと言うチャン・クッカン創業者。何で答えないのだ。まだ、チャン・プチョンの下で働きたいのか。勝つ方へ着くんだ。プチョンに遊ばれているだけだろと言うチャン・クッカン創業者にそんなことはありません。考えてみますと答えるカン・ピルジュ。
ヤツは15歳で止まっている。これ以上成長しない。恩義を返すのは、もう十分だ。アイツの代わりに刑務所にも行ったんだろと話すチャン・クッカン創業者だが・・・。

チャン・ヨチョンとチャン・プチョンの喧嘩を見ながら・・・。
<・・・少年期の回想・・・>
数人の少年に囲まれ襲われるチャン・プチョン。
そこへ、カン・ピルジュが乱入し、少年たちを蹴散らし・・・。
チャン・プチョンに俺の友達になってくれと言うカン・ピルジュ。
<・・・回想終了・・・>

【チョン・マルランの部屋で】
本家(今住んでいる家)を明け渡せとチャン・クッカン創業者に言われ・・・部屋で悩むチョン・マルラン理事。
・・・カン・ピルジュが鍵を開け、部屋に入って来る・・・
何か対策があるでしょと聞くチョン・マルランに、プチョンとナ・ギチョル議員の娘を結婚させます。次の選挙で大統領になる可能性が一番高いです。チャン・クッカン創業者の夢だったチョンアタワー建設権も受けるつもりですと言うカン・ピルジュ。
結婚を成功させるための一番の問題はなにと聞くチョン・マルランに、見合いを嫌い、愛した男と結婚することを願う女性ですと答えるカン・ピルジュ。
計画はと聞くチョン・マルランに、プチョンを好きになるように仕向け、自然と結婚するようにしますと答えるカン・ピルジュであった。

【チョン・マルランの家で】
チャン・プチョンにナ・ギチョル議員の娘との政略結婚を伝えるが・・・。
そんな恋愛、お前がしろ、結婚もお前がしろと出て行くチャン・プチョンだったが・・・チョンアグループを手中に収めるために、駅までカン・ピルジュを追いかけ、俺をナ・モヒョンと結婚させてくれと頼むチャン・プチョンであった。

【草原で野鳥観察中に】
野鳥観察に参加するチャン・プチョン。
隠れて、銃で鳥を撃つカン・ピルジュ。
無線で、鳥を助けに走れとチャン・プチョンに伝えるカン・ピルジュ。
走って、鳥を救出するチャン・プチョン。

次話へ

スポンサーリンク