カテゴリー別アーカイブ: 悪の華

「悪の華」2話

スポンサーリンク

「悪の華」2話

イ・ジュンギ(ペク・ヒソン役:金属製品デザイナー/ド・ヒョンス役:手配中の容疑者)、ムン・チェウォン(チャ・ジウォン役:強力第3班刑事)、チョン・ソヨン(ペク・ウナ役:フィソンとジウォンの娘)、チャン・ヒジン(ド・ヘス役:ド・ヒョンスの姉)、ソ・ヒョヌ(キム・ムジン役:週刊誌記者)、(チェ・ジェソップ役:チャ・ジウォンの先輩刑事)、ソン・ジョンハク(ペク・マヌ役:大学病院院長)、ナム・ギエ(コン・ミジャ役:ペク・マヌの妻/薬剤師)、キム・ジフン(ペク・ヒソン役:マヌとミジャの本当の息子)

 

ペク・ヒソンの工房の地下室で。

何でこんなことをするんだと言うキム・ムジン記者に、覚えているか。18年前に、俺達は反対の立場だったよなと言うペク・ヒソン(ド・ヒョンス)。

・・・回想・・・
木に縛りつけられるド・ヒョンス(ペク・ヒソン)。
父親が人を殺したのを見たことがあるか。それとも、一緒に殺したのかと言うキム・ムジンに、俺が怖いんだろと言い返すド・ヒョンス(ペク・ヒソン)。
お前も放って置いたらお前の父親みたいになると石を投げようとする場面で・・・。
・・・回想終了・・・

18年ぶりに俺の番が来たとハンマーを持つペク・ヒソン(ド・ヒョンス)。
幼い時のことだろと恐れるキム・ムジン記者に、冗談だ。本当にやるなら床にビニールを敷く。キム・ムジン、俺は俺の父親と同じだ。お前が同情心を煽ってっも、俺は何も感じない。だから、泣くなと言うド・ヒョンス(ペク・ヒソン)。

週刊誌のチーム長に電話させ、キム・ムジン記者に出勤できないと話させるペク・ヒソン(ド・ヒョンス)。
ペク・ヒソン氏の妻は警察官だ。ばれるのも時間の問題だと言うキム・ムジン記者に、まだ、わからないのか、お前がどうしてここに監禁されているのか、18年間、指名手配中の俺がどうして今まで捕まらなかったのかと言うペク・ヒソン(ド・ヒョンス)。

まさか、お前がペク・ヒソンなのか、お前がチャ・ジウォン刑事の夫なのかと言うキム・ムジン記者に、真実を知りたいか。知ったら耐えることができないと思うけどと言うペク・ヒソン(ド・ヒョンス)。
いや、知りたくないと言うキム・ムジン記者に、実は、誰が殺したか知っている。気になるだろ。そうだ。俺が殺したと耳元で言うペク・ヒソン(ド・ヒョンス)。

・・・回想・・・
ナイフを持って、殺された男の前に、姉と一緒に立つド・ヒョンス(ペク・ヒソン)の映像が・・・。
・・・回想終了・・・

ペク・ヒソンの工房の地下室で。

キム・ムジン記者の手帳をキム・ムジン記者に見せ、説明しろ。どうして、ナム・スンギルに会うんだと聞くペク・ヒソン(ド・ヒョンス)に、大したことじゃないと答えるキム・ムジン記者。
ペットボトルの水を床にこぼすペク・ヒソン(ド・ヒョンス)に、思い出した。情報があるというから会うことにしたんだと言うキム・ムジン記者。
どんな情報だと聞くペク・ヒソン(ド・ヒョンス)に、お前の・・・俺が記事に書いたお前とお前の父親の記事で連絡が来た。俺が会わなかったらお前が困ったことになるんじゃないかと言うキム・ムジン記者だが・・・。

ナム・スンギルとキム・ムジン記者が会う約束をしていた場所で。

岩に座り、キム・ムジン記者を待つナム・スンギル。
ナム・スンギルを橋の上から監視するペク・ヒソン(ド・ヒョンス)。
キム・ムジン記者のスマホで、キム・ムジン記者になりすまし、ナム・スンギルに電話を掛けるペク・ヒソン(ド・ヒョンス)。

事件があって行けません。電話でインタービューしてもいいですか。ド・ヒョンスの情報というのは何ですか。2000年秋から2002年夏までド・ヒョンスと一緒に過ごしました。配達をしながら・・・ヒョンスが身分証を持っていなくて変だなと思っていたのですが、殺人まで犯していたんなて驚きました。アイツは変だった。正常じゃないというか。一緒に映画を見たことがあったんだが、見た後に、どの場面で笑えばいいのか、泣けばいいのか逐一聞いてきたんですと言うナム・スンギルに、3年間一緒に過ごしたというのが情報ですか。わかりました。情報ありがとうございますと言い電話を切ろうとするペク・ヒソン(ド・ヒョンス)だが・・・。

ド・ヒョンスから脅迫を受けています。気が狂いそうです。私を助けてくださいと言うナム・スンギル。1か月前から早朝4時に公衆電話から電話が来ますと言うナム・スンギルに、電話を掛けて来た奴が自分がド・ヒョンスだと言っているのですかと聞くペク・ヒソン(ド・ヒョンス)。

・・・回想・・・
早朝4時の公衆電話からの電話。
誰だと聞くナム・スンギルに、幸せか。お前の人生で一番幸せな瞬間が来るのを待っていたと言う相手。
ド・ヒョンスだろと言うナム・スンギルに、今、それを知ってどうするというんだと言う相手。
・・・回想終了・・・

私にそんなことをするのは、ド・ヒョンスしかいませんと言うナム・スンギルに、どうしてですかと聞くペク・ヒソン(ド・ヒョンス)。
ヒョンスにひどいことをしましたと言うナム・スンギル。

・・・回想・・・
林の中で。
財布を失くしたと言って、ド・ヒョンスにも探すのを手伝わせるナム・スンギル。
お前の金が必要だ・・・とナイフでド・ヒョンスを襲うナム・スンギル。
・・・回想終了・・・

必ず復讐しに来ます。ド・ヒョンスは・・・と言うナム・スンギルに、他を当たってみてください。ド・ヒョンスは死んだから、忘れて生きてくださいと言うペク・ヒソン(ド・ヒョンス)。
良かったと安堵するナム・スンギル。

ナム・スンギルの中華料理店で。
フードかぶった男に殺されるナム・スンギル。
ヨンジュ市連鎖殺人事件の記事が沢山壁に貼られたアジトに帰るフードかぶった男。

ペク・ヒソンとチャ・ジウォンの家で。
AM3:30に、ベッドから目を覚ますチャ・ジウォン刑事。
雨に濡れて、フードをかぶったペク・ヒソン(ド・ヒョンス)が帰って来る。

次話へ

スポンサーリンク